株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

鳩が思い出させてくれること[プラタナス]

No.4979 (2019年09月28日発行) P.3

福井早矢人 (春日部市立医療センター総合診療科)

登録日: 2019-09-28

最終更新日: 2019-09-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 鳩が「平和の象徴」というのは、どうやら旧約聖書の創世記ノアの方舟のエピソードからの由来であるらしい。

    「おまえは伝書鳩か」。この痛烈な言葉は、聖路加国際病院初期研修医の時に何も考えずに、ろくに診察もせずに、ナースなどからの情報を上級医に伝えるとしょっちゅう私に浴びせられていた言葉だ。そのおかげで今でも鳩を見ると、自分で考えてしっかり診察する医師としての「基本」を思い出す。

    写真は、僧帽弁前尖に疣贅がついている感染性心内膜炎の経胸壁心エコー写真である。医師はもとよりこの写真を見て感染性心内膜炎を想起できない医学生も少ないだろう。今回は、この心エコーにたどり着くまで多くの時間を要してしまった教訓のお話である。

    残り595文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top