株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

「手当」の大切さ[プラタナス]

No.4955 (2019年04月13日発行) P.3

三潴忠道 (福島県立医科大学会津医療センター漢方医学講座教授)

登録日: 2019-04-13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 私の専門である漢方は、いわゆる西洋医学とは異なる切り口で診療するためか、一般的な診療では十分な満足の得にくい「悩ましい」患者さんが多く受診されます。

    体調不良で受診された70歳台の女性。特定の疼痛や苦痛なく、食欲、便通、睡眠なども異常なし、通常の臨床検査でも手がかりがありません。ただし、漢方医学的に脈や舌、腹部などを診察したところ、唯一、臍を中心に強く冷えていました。そこで、古典で「腹中冷」に用いると記された大建中湯を処方したところ、体調が徐々に改善しました。「あのときは死ぬかと思った」と、1年後にしみじみ述懐されました。

    残り657文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top