株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

病院建替えの教科書【電子版付】

病院経営と建替え戦略を理想どおりに進めるために

定価:4,400円
(本体4,000円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

著: 川崎 淳一(日本経営ヘルスケア事業部)
著: 坂本 浩幸(日本経営ヘルスケア事業部)
著: 井上 俊孝(日本経営ヘルスケア事業部)
著: 土橋 洋之(日本経営ヘルスケア事業部)
判型: A5判
頁数: 164頁
装丁: 2色刷
発行日: 2020年01月09日
ISBN: 978-4-7849-5741-5
版数: 第1版
付録: 無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ

電子版を閲覧する


◆経営コンサルティング会社“日本経営”の専門チームが「基本構想」「基本計画」立案・検討のポイントを具体的な事例を踏まえ詳細に解説。

目次

第1章 病院整備における重要な考え方
第2章 時代に合わせた建替えのポイント
第3章 基本構想策定におけるポイント
第4章 基本計画策定におけるポイント
第5章 医療機器整備計画作成のポイント
第6章 医療情報システム導入のススメ
第7章 総事業費の設定と適正化に向けた検討
第8章 基本計画策定後の取り組み
第9章 事例検討
参考資料

もっと見る

閉じる

序文

はじめに

30~40年にごとに行われる建替えは,病院にとって最大級の意思決定の機会の一つです。しかし,建替えスパンが長いだけに病院建替えの経験があるスタッフが院内に在籍していることはまれです。そのため毎回手探り状態で試行錯誤した結果,達成困難なレベルの計画ができてしまい後戻りできなくなるケースが少なくありません。
特に多い失敗は,何の制約もポリシーなく各スタッフの要望だけをすべて盛り込んだ設計図面を作成し,それを建築しようするケースです。
弊社の専門チームが全国の病院の建替えのお手伝いをするようになって10年以上が経過しますが,かつての病院建替えは老朽化に伴い現病院と同規模もしくは少し拡大するようなプランがほとんどでした。しかし最近では,地域医療構想などの流れのなかで経営戦略を変更するケースや,2025年以降の地域状況を見据えた診療機能や規模の見直しなどを行うケースが主流になってきています。そのため単独での病院建替えだけでなく複数の病院の統合や再編,分割といった大きな組織変更も視野に入れた建替えも増えてきています。
病院の建替えに限らずどんな取り組みでも,企画の最初の段階で詳細に検討することが最も重要であり,ここで失敗するとその後すべての事項に影響を及ぼします。病院の建替えも同様で,建物の設計よりも,最初の「基本構想」「基本計画」が全体の計画に大きく影響します。ここで失敗をすると,取り返しがつきません。そのため,どんな複雑な条件でも多くの関係者と調整をしながら作業を進める必要があります。
  本書は,この「基本構想」「基本計画」はどのように立案し検討をしていくべきか,どんなビジョンを持つべきかなどを詳しく解説します。これから建替えを行う病院にとって参考となるようなポイントと,具体的な事例を踏まえた対応などもご紹介します。
本書を手にとられた方の,病院経営と建替え戦略が理想どおりに進むことを祈念いたします。

2020年1月
株式会社日本経営ヘルスケア事業部 川崎淳一

もっと見る

閉じる

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top