株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

査定・返戻を防ぐ要点と考え方がわかる! レセプト調査ファイル

多くの医療機関が行ってしまいがちな事例を一挙解説

定価:3,300円
(本体3,000円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

著: 真鍋佑梨(株式会社ユアーズブレーン医業経営コンサルティング部)
判型: A5判
頁数: 200頁
装丁: 2色刷
発行日: 2024年01月16日
ISBN: 978-4-7849-2626-8
版数: 第1版
付録: 無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ

電子版を閲覧


●医療機関経営改善の経験が豊富なコンサルティング会社の診療報酬専門コンサルタントが,実例をもとにクリニックでよくある事例を一挙解説。
●すでに開業されている先生,これから開業される先生,また診療報酬請求に携わる事務の方におススメです。
●算定漏れを防ぐためのワークフローの見直しポイントなども紹介。
●「うっかり・しまった」をなくすための転ばぬ先の杖です。

目次

1章 レセプトの基礎知識
1. 診療報酬の仕組みと請求
2. 返戻とは
3. 査定とは

2章 レセプト事例に学ぶ
1. 基本診療料
2. 医学管理等
3. 在宅医療
4. 検査
5. 画像診断
6. 投薬
7. 注射
8. リハビリテーション
9. 処置
10. 手術
11. 麻酔

3章 返戻・査定への対策

コラム
索引

もっと見る

閉じる

序文

診療報酬は保険医療機関における重要な収益源です。レセプトの返戻や査定が多ければ,保険医療機関にとって死活問題になりかねません。
そのため,2年ごとに実施される診療報酬改定への対応を含め,診療報酬請求を適切に行うことは,保険医療機関の経営において非常に重要な課題と言えます。
診療報酬の請求に当たっては,各種関係法令や保険医療機関および保険医療養担当規則の規定を遵守し,診療報酬点数表に定められた通りに請求を行うことが求められますが,これらの構成や表現は複雑難解なものが少なくありません。
また,査定に関しては,診療報酬点数表に明確な規定がないにも関わらず,査定されるケースもあります。この場合,査定された原因がわからず,謎のまま終わってしまったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。
本書では,弊社がこれまで関与してきた様々な医療機関での経験を基に,主に査定対策についてまとめました。
第1章では,レセプトの基礎知識として,診療報酬の仕組みをはじめ,査定および返戻について解説しています。
第2章では,様々な医療機関の実際の査定レセプト事例のうち,多くの医療機関が行ってしまいがちな事例を取り上げ,事例ごとに査定原因およびそれに対する有効な対策について解説しています。
第3章では,第1章・第2章を踏まえ,査定・返戻に医療機関としてどのように対応するべきかを解説しています。
すでに開業されている先生方,これから開業を予定されておられる先生方はもちろん,診療報酬請求に携わる事務の方々にとって,本書が適切な診療報酬請求の一助となれば幸いです。
最後になりましたが,出版にあたり,ご尽力頂きました日本医事新報社の皆さまに心から感謝申し上げます。

もっと見る

閉じる

関連書籍

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top