株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

jmedmook39 あなたも名医!在宅「看取り」 最期を支える!多死社会に備える!

「看取り」の学びの入り口となる1冊!

定価:3,780円
(本体3,500円+税)

数量

カートに入れる

定期購読する

立ち読み

編集: 鈴木 央(鈴木内科医院院長)
判型: B5判
頁数: 240頁
装丁: カラー
発行日: 2015年08月25日
ISBN: 978-4-7849-6439-0
付録: -

365日24時間対応で在宅診療を行っている鈴木央先生をはじめ、実際に看取りを行っている執筆者たちが、現場で得た工夫とノウハウを「看取り初心者」へと伝えます。多死社会を迎えつつある今、在宅での看取りの需要は高まっています。「その人がその人らしくいられる」在宅ケアをするために、「不幸ではない」看取りを迎えるために、まずは本書をご覧下さい!

診療科: 在宅医療 在宅医療
  総合診療 治療一般
シリーズ: jmedmook

目次

第1章 看取りを始めるために
1 在宅における看取りとは
2 在宅医療と終末期医療
3 看取りに備えるために─ Liverpool Care Pathway総論
4 アドバンス・ケア・プランニングによる意思決定支援
第2章 準備すべきこと(LCP各論)
1 死が近づいたとき
2 症状を評価する
第3章 最期の数日間を支える在宅緩和ケア
1 予後予測─最期の数日間であることをいかに判断するか
2 経口摂取できない患者の苦痛を緩和するために─貼付薬・坐薬・皮下輸液・持続皮下注射など
3 疼痛緩和─がん患者の最期の数日間
4 呼吸困難・呼吸器症状─がん
5 誤嚥性肺炎を発症したら
6 COPD急性増悪と看取り
7 消化器症状の緩和─終末期によく出現する消化器症状とその症状緩和
8 精神的症状への対応─せん妄,興奮,死が怖い
9 腎不全・心不全
10 浮腫・腹水・胸水と輸液
11 全身倦怠感,食欲不振
12 褥瘡
13 家族のケア
14 口腔ケア
15 鎮静を考えるとき
第4章 倫理的問題
1 非がん疾患の看取り
2 死が近づいたときの栄養をどう考えるか
3 非がん疾患と緊急搬送を考える
4 意思決定できない人の終末期の医療をどう決めるのか
第5章 在宅での看取り
1 在宅看取りのために必要なこと
2 看取りを行う場所─施設での看取り
3 独居の看取り
4 物語としての看取り
5 意思決定の支援─遠い親族が最後の数日に延命治療を主張してきたとき
第6章 多死社会へ─地域として準備しておくべきこと
1 多職種協働とその役割分担
2 情報共有─様々な方法,ICTの活用と問題点
3 生活支援の視点
4 地域の病院との連携・協働
5 市民との対話
6 地域の文化と看取り
7 子どもの看取り

もっと見る

閉じる

序文

巻頭言
多くの医療現場の中で,「看取り」は迷いながら行われているのではないでしょうか。私たち医療者は「救命」や「治す」ことを学びましたが,「看取り」を学んできたわけではないためだと考えます。しかし,人間の生命が限られていることから,医療者は必ず「看取り」に直面せざるをえないのです。
本書は,End-of-Life Careと呼ばれる終末期のケアを,より日本の文化に近い「看取り」という言葉を手がかりにとらえていったものです。当然,英国や米国のEnd-of-Life Careと日本における「看取り」とは共通項は多いものの,その文化の違いからまったく同じものにはなりません。その部分も意識しながらご覧頂くとより興味深いかもしれません。€
もちろん,すべての筆者が共通の「看取り」の概念を持っているわけではありません。それぞれの人生や医療の経験,考え方などから,1人ずつ変わっていてもおかしくないでしょう。それでも,共有している部分は少なくないと感じました。これが在宅という現場の不思議な力なのかもしれません。€
さらに私自身も,本書を読み,思いを新たにした部分もありました。私は緩和医療,生活支援のための多職種協働,意思決定が「看取り」というケアの中でかなり重要な因子と考えていました。しかし本書の編集を行う過程の中で,家族ケアやスピリチュアリティへの配慮(ナラティブアプローチを含む)も,より重要な構成要素であると考えるようになってきたのです。これらのケアが同時に混在して行われることが「看取り」のプロセスとなるわけですが,「その人がその人らしく」という在宅ケアにおける優位性には,これらの要素がより強く影響するのではないでしょうか。€
このように私自身も迷いながら,日々の「看取り」に対応しています。それでも,自ら学び,考えたことは,確実にその負担を軽くしてくれるのです。本書が読者の「看取り」についての学びの入り口となり,その迷いや負担を少しでも和らげることができれば幸いと考えています。

もっと見る

閉じる

シリーズ書籍

もっと見る

関連書籍

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top