株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

上室性頻拍

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-12
川村祐一郎 (旭川医科大学内科学講座循環・呼吸・神経病態内科学分野教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    心房,あるいは房室接合部から生じる心拍数100/分以上の頻脈性不整脈で基礎心疾患を有さないことが多い。代表的なものは発作性上室頻拍である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    多くは発作的に出現する〔(発作性上室性頻拍)paroxysmal supraventricular tachycardia:PSVT〕ので,「突然の動悸」が特徴的である。

    致死的ではないが,ときに循環不全によるふらつきも認められる。

    【検査所見】

    主に発作時の心電図で行う。

    一般にはQRS幅の狭い(<0.12msec,心電図記録幅では<3mm),RR間隔一定のHR:120~200/分の頻拍である(regular narrow QRS tachycardia)()。

    04_03_上室性頻拍

    PSVTの機序は,副伝導路を介する房室回帰性頻拍(atrioventricular reentrant tachycardia:AVRT)と,房室結節二重伝導路を介する房室結節リエントリー性頻拍(atrioventricular nodal reentrant tachycardia:AVNRT)が主なもので,いずれもQRS波の後方,ないしはQRS波にほぼ重なった逆行性P波を伴う。

    一方,心房頻拍(atrial tachycardia:AT)では,通常はQRSの前方に,洞調律のP波とは異なる形状のP波を伴う。

    非発作時心電図でも,デルタ波(WPW症候群)が認められれば,AVRTの基質である副伝導路の存在が明らかとなる。

    心房粗動・心房細動も広義の上室性頻拍と言えるが,他稿にゆずる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top