株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

先天性心疾患と妊娠・出産【心機能,遺残病変,続発病変からのリスク評価が重要】

No.4905 (2018年04月28日発行) P.52

北市 隆 (徳島大学心臓血管外科准教授)

北川哲也 (徳島大学心臓血管外科教授)

登録日: 2018-04-28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心疾患を有する女性の妊娠・出産で重要なことは,妊娠・出産が母体の循環動態へ及ぼす影響である。循環血漿量は,妊娠28~32週頃に妊娠前の約1.5倍に増加する。心拍出量は,妊娠20~24週頃に最大となる。また,妊娠後期には,凝固因子が増加・活性化するため血栓・塞栓症が増え,エストロゲンの影響で大動脈壁は脆弱性を増す。

これらの生理的変化を鑑み,妊娠の際に厳重な注意を要する,あるいは妊娠を避けるべき病態として,①肺高血圧症,②流出路狭窄,③心不全,④Marfan症候群,⑤機械弁,⑥チアノーゼ性疾患,が挙げられる1)

心房中隔欠損症や心室中隔欠損症のような非チアノーゼ性心疾患では,未修復で心不全や肺高血圧症をきたさずに成人期に達した場合や修復術後には,一般妊娠と同様に妊娠・出産・経腟分娩が可能である。しかし,中等度以上の遺残短絡や続発症がある場合には,妊娠前の修復や再手術が推奨される。酸素飽和度が85%以下のチアノーゼ性心疾患では妊娠前の修復が必須であるが,良好に修復されたFallot四徴症の妊娠・出産リスクは一般妊娠に近い。心機能が良好なFontan手術後であれば妊娠・出産は可能であるが,中心静脈圧が高く,容量負荷に弱く,易催不整脈性があり,凝固能亢進といった循環特性から,リスクは高い。

先天性心疾患を持つ女性の妊娠・出産においては,個々の症例の心機能,遺残病変,続発病変からリスクを評価し,指導することが重要である。

【文献】

1) 日本循環器学会, 他:心疾患患者の妊娠・出産の適応, 管理に関するガイドライン(2010年改訂版).

【解説】

北市 隆*1,北川哲也*2  *1徳島大学心臓血管外科准教授 *2同教授

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top