株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

【文献 pick up】デノスマブはBP製剤に比べ骨粗鬆症例の糖尿病発症を抑制するか―傾向スコアマッチ比較/BMJ誌(4月)

宇津貴史 (医学レポーター)

登録日: 2023-09-27

最終更新日: 2023-09-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プライマリケア医受診の骨粗鬆症患者(女性)がデノスマブを使用すると、経口ビスホスホネート(BP)製剤に比べ年間1000例当たり2.6例で2型糖尿病(DM)発症が抑制されるとのデータが、British Medical Journal誌に掲載された。報告者は中国・中南大学のHouchen Lyu氏ら。若干旧聞に属するが紹介したい。

デノスマブはそのRANKL阻害作用を介した肝インスリン抵抗性改善、あるいはNF-κB系抑制によるβ細胞増殖促進など、DM発症抑制作用が期待されていた。

【対象】

今回解析対象となったのは、DM診断歴のない45歳以上の骨粗鬆症例中、新規にデノスマブを開始(新規・切替)した4301例と、傾向スコアでマッチした経口BP製剤服用2万1038例である。英国プライマリケア医データベースから抽出した。

平均年齢は75.7歳、女性が94.3%を占めた。体重が「正常」だったのは41%のみ、「低体重」は17%だった。

【方法】

診察記録を用いて2型DM発症率を、デノスマブ開始群と経口BP製剤群間で比較した。追跡は「2型DM診断」「デノスマブ/経口BP製剤中止」「死亡」「クリニック転院」まで続けた(最長5年間)。

【結果】

平均2.2年間の追跡期間中、デノスマブ群では経口BP製剤群に比べ、2.61000人年、2型DM発症率が有意に低くなっていた。ハザード比にすると0.6895%信頼区間[CI]0.52-0.89)である。

ただし亜集団別解析を見ると、「DM予備群」では、デノスマブ群における2型DM発症HR0.5495%CI0.35-0.82)の有意低値だったのに対し、それ以外では0.92(同:0.65-1.32)の減少傾向にとどまった(交互作用P=0.05)。

【考察と結論】

Lyu氏らはこれらの結果を、DM高リスクの骨粗鬆症治療薬選択に当たり考慮すべきデータだと考えているようだ。

なお米国内科学会が本年初めに公表したメタ解析によれば、プラセボと比べたデノスマブによる大腿骨近位部骨折の3年間治療必要数(NNT)は「250」だった。BP製剤は「167」である。

今回の比較研究への資金提供に関する記述はなかった。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

【新潟県】病院(名称非公開)

勤務形態: 常勤
募集科目: 内科・緩和ケア
勤務地: 新潟県

【勤務環境】
急性期病院のようなめまぐるしい職務環境ではなく、一般と回復期のケアミックス病院なので、 メリハリのある勤務環境を提供する事とともに、満足いただける待遇も提示する事が可能です。
仕事とプライベートをしっかり分けて勤務することができる環境です。

【医療クラークの充実】
当院では、ドクターズクラーク(医師事務作業補助者)を配置しています。
意外と多い医師の事務作業、いわゆる「書き仕事」のお手伝いを行っています。
診断書・証明書、入院証明書、医療要否意見書、主治医意見書など代行作成する書類は多岐に渡ります。
その他、退院時要約の作成や手術データ入力など、医師の指示のもとで様々な事務作業を代行します。

【2022年病院リニューアル】
2017年から病院リニューアルに向けた基本構想が始まりました。
今後医療業界は目まぐるしく変化していきますので、時代に合わせた変革を目指し、 地域にとって最善の病院のあり方を検討していきます。
現状であれば基本構想から参画いただけますので、 新病院で自分の思う医療を実現させられるチャンスです。

【レジャー施設やプライベートも充実】
30分圏内で海にも山(トレッキング、スキー、ゴルフ)にも行く事が可能です。
2017年12月にはロッテアライリゾートがオープンしました。
「スキー場の聖地」と呼ばれており、 スキーはもちろんの事、ホテルや温泉、プールレストランやカフェ、
グリーンシーズンには国内最大級のジップラインも展開、アジア最高のプレミアムマウンテンリゾートができます。
病院から30分程度で行く事が可能です。

関連物件情報

もっと見る

page top