株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

【PR】ディープラーニング技術を盛り込んだAI活用の心電図解析ソフト「SmartRobin® AIシリーズ」が新発売(カルディオインテリジェンス)

登録日: 2022-05-20

最終更新日: 2022-05-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウド型長時間心電図解析ソフトウェア「SmartRobin®シリーズ」を発売するカルディオインテリジェンス(田村雄一代表)は、新たにディープラーニング技術を盛り込んだAIを活用した「SmartRobin® AIシリーズ」の販売を開始した。

「SmartRobin®シリーズ」は、2020年11月に医療機器として承認された心電図解析ソフト。ホルター心電図などの心電図データをクラウドサーバーに送信すると、上室性期外収縮や心室性期外収縮、RR間隔などを解析、不整脈が発生していると考えられる時間帯を示し、長時間心電図検査における心房細動の診断をサポートする機能を持つ。不整脈診断の精度を高める次世代型ソフトウェア医療機器として注目を集めている。

同社が新たに開発した「SmartRobin® AIシリーズ」は、ディープラーニング技術をフルに活用。長期間の連続測定を行うパッチ型心電計に最適化できる処理を実装している。7日間で70万拍にも及ぶ心電図波形をAIが30分以内に解析し、医師が診断する際には心房細動の特徴が顕著とAIが評価した波形へ、たった3クリックで到達でき、忙しい医療現場における医師の診断プロセス効率化を実現する。

心房細動の特徴であるR-R間隔の不規則変動を同心円上に多角形表示することで心拍の変化を直感的に理解できる「ビートサークル」や、AIが心房細動診断に役立つ関心領域を提示する補助機能も搭載している。

▼「SmartRobinAIシリーズ」の詳細はこちら▼

https://www.cardio-i.com/



関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連物件情報

page top