株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

妄想症/妄想性障害[私の治療]

No.5099 (2022年01月15日発行) P.51

針間博彦 (東京都立松沢病院副院長)

登録日: 2022-01-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 妄想症/妄想性障害(delusional disorder)1)2)では,単一の妄想あるいは関連した一連の妄想が長期間持続する。妄想は時間とともに進展し,しばしば体系化する。発症年齢は思春期から老年期まで幅がある。

    ▶診断のポイント

    【症状】

    妄想の内容には様々な種類がある(表)。これらはいずれも統合失調症など他の疾患にもみられるので,診断は妄想の確認と他疾患の除外からなる。


    妄想に直接関係する言動を除けば,患者の会話・感情・行動はしばしば正常である。そのため,周囲の人には異常を気づかれないことがある。

    妄想に対する二次的反応として,抑うつなど気分の異常がみられることがある。後に幻聴など他の症状が顕在化し,診断が統合失調症に変更されることがある。

    【検査所見】

    器質性の障害と精神作用物質使用による障害を除外するため,身体疾患の検索と薬物スクリーニング検査などが必要である。

    残り1,250文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    page top