株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

斜視

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-30
中井義典 (京都府立医科大学眼科学教室)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    斜視とは,左右の視線がそろわない,すなわち眼位がずれる状態を指す。

    小児では特に,就学前までは視機能発達の時期であり,視力や両眼視機能の発達を考慮した診療が必要である。成人では多くの場合,眼精疲労や整容面の問題に対して診療する。

    分類方法により内(外,上,下,回旋)斜視,共同性(非共同性)斜視,恒常性(間欠性)斜視などに診断される。

    典型治療の項では,頻度の高い間欠性外斜視,調節性内斜視,乳児内斜視について述べる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    乳幼児や小児は,両親など家族が「目線がずれていることがある」「目の焦点が合わない」といった眼位の異常に気づき受診する。

    成人では眼位の異常のほか,両眼性の複視や眼精疲労を自覚して受診する。

    【検査所見】

    〈小児〉

    周産期異常の有無や治療歴を確認し,対面で外見上の大まかな眼位異常の有無および眼球運動を観察する。

    遮蔽試験により斜視の有無と鑑別を行い,斜視があれば交代プリズム遮蔽試験により眼位の定量を行う。1~2歳でも可能な輪通し,two-pencil testや,3歳以降で可能となる大型弱視鏡など,年齢に応じた両眼視機能検査を行う。

    〈成人〉

    急性発症ではないか,進行性のものではないか,など十分に問診をする。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top