株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

麦粒腫

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-24
小幡博人 (自治医科大学眼科学講座准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    麦粒腫は,眼瞼に付属する腺組織の細菌感染症である。いわゆる"ものもらい"である。

    睫毛に付属する皮脂腺(Zeis腺)や汗腺(Moll腺)に感染が生じた場合,外麦粒腫と呼ばれる。一方,マイボーム腺(meibomian gland)に感染が生じた場合は内麦粒腫と呼ばれる。

    起炎菌は黄色ブドウ球菌が多い。

    小児から成人まで,あらゆる年齢層にみられる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    眼瞼の発赤,腫脹,疼痛,圧痛である。

    【検査所見】

    内麦粒腫の典型例は,瞼結膜に膿点と充血がみられる(図a)。マイボーム腺開口部に膿汁がみられる場合もある(図b)。この両者の違いは,感染のフォーカスがマイボーム腺の開口部に近いか遠いかの違いである。

    外麦粒腫では,睫毛の根部に発赤,腫脹,膿汁がみられる(図c)。

    17_07_麦粒腫

    病初期には眼瞼の腫脹のみで,発赤や膿点(膿汁)がないこともある。このような場合,触診で圧痛を確認し麦粒腫と診断することがある。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top