株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

強直性脊椎炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-21
松山幸弘 (浜松医科大学医学部医学科整形外科学講座教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    血清反応陰性脊椎関節症(seronegative spondyloarthropathy:SNSA)の代表的疾患。

    男性が女性の3~5倍多い。白色人種,韓国人,中国人と比較して日本人の発症は稀(韓国人・中国人に比べHLA-B27を持つ人が少ないためと考えられる)で,若年で発症し,40歳代で沈静化する。

    仙腸関節に初発し,腰椎から上行拡大する椎間関節炎と,脊柱靱帯付着部炎(enthesitis)である。椎間関節は狭小化,骨硬化を経て強直する。椎体は隅角の骨硬化,椎体前面の陥凹消失により椎体の方形化(squaring)が起こる。最終的には椎体間の骨癒合が胸椎,腰椎,そして頸椎にまで及び,竹節様脊柱(bamboo spine)を呈す。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    初期は背部の疼痛と朝方のこわばりがある。運動,特に前屈動作によって軽減する。

    罹病期間が長くなると,脊柱の可動性は消失し,腰椎前弯減少,胸椎後弯増強し,全後弯タイプの脊柱後弯変形を呈し,持続性の腰痛,前方注視不能,そして長時間歩行は腰痛で不可能となる。

    特に頸椎に強直が進展すると,前を見て歩行ができず,また仰臥位にもなれない。

    【検査所見】

    HLA-B27が90%に陽性で,血沈も高値を示すが,リウマトイド因子(RF)は陰性である。

    X線所見は以下のようである。

    ①両側仙腸関節のびらん→硬化像→関節裂隙狭小化→強直

    ②前縦靱帯椎体付着部からの骨化→靱帯骨棘形成(syndesmophyte)

    ③椎体の方形化(squaring)

    ④竹節様脊柱(bamboo spine)

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top