株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

腰椎変性すべり症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-21
高橋和久 (千葉大学大学院医学研究院整形外科学前教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    第5腰神経症状(第4腰椎変性すべり症),第4腰神経症状(L4/L5腰椎間の椎間孔狭窄)がみられる。

    保存療法が原則であり,患者の活動性維持を第一に考える。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    無症状のものから,腰痛を訴えるもの,腰痛および下肢痛を訴え,さらに腰部脊柱管狭窄症としての症状が明らかなものまで多様である。

    腰椎変性すべり症は中年以降の女性に発症することが多く,第4腰椎にみられることが多い。

    【検査所見】

    神経学的所見としては,第4腰椎変性すべり症では第5腰神経症状を呈することが多く,L4/L5の椎間孔狭窄がある場合には第4腰神経症状が加わる。

    狭窄が高度となった場合には,中心部にある馬尾も障害され,会陰部感覚障害,膀胱直腸障害などがみられることがある。

    画像検査では,腰椎単純X線検査で分離のないすべりを確認する。また,前後屈側面像にて椎間不安定性の有無を調べる。

    脊柱管狭窄や神経圧迫の状況を見るにはMRIが有用である(図 a・b)。

    15_30_腰椎変性すべり症

    手術治療を計画する場合には,脊髄造影や脊髄造影後CTなどを行うこともある。椎間孔狭窄の診断には神経根造影や神経根ブロックを行うこともある。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top