株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

腰部脊柱管狭窄症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-21
橋爪 洋 (和歌山県立医科大学医学部整形外科教室講師)
吉田宗人 (和歌山県立医科大学医学部整形外科教室教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    神経の通路である脊柱管や椎間孔が狭小化することで,特有の症状(立位の継続や歩行により出現あるいは増悪する臀部下肢の疼痛やしびれ,会陰部症状)を呈する症候群である。

    多くは腰椎の椎間板と椎間関節の変性を基盤として発生し,黄色靱帯の変性肥厚を伴う。

    50歳代以後に発症し,加齢とともに有病者の割合が増加する1)。外来受診する60歳以上の患者の中で臀部下肢痛の原因として最も多い疾患である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    立位の継続もしくは歩行により増悪し,体幹前屈または坐位により緩和する下肢痛・しびれが特徴。

    間欠跛行は最も特徴的な症状であり,約6割の症例で認められる。

    体幹前屈により症状が緩和されるので,患者は「自転車ならいくらでも漕げる」「ショッピングカートを押して歩くのは楽」などと訴える。

    本症に伴う間欠跛行は,機能的に,①馬尾型,②神経根型,に大別される。馬尾型と神経根型両方の特徴を示すものは,混合型と呼ばれる。

    ①馬尾型:両側の下肢,臀部,会陰部に異常感覚(しびれ,灼熱感,しめつけ感)が生じる。

    ②神経根型:障害神経根支配領域に一致して片側性に臀部や下肢の疼痛が生じる。

    【検査所見】

    腰部脊柱管狭窄症のスクリーニングには日本脊椎脊髄病学会の診断サポートツールが有用である(感度92.8%,特異度72.0%)(2)

    15_29_腰部脊柱管狭窄症


    体幹伸展テストまたはKempテスト陽性で,下肢挙上(straight leg raising:SLR)テスト陰性の場合,本疾患の可能性が高くなる。

    MRIは,腰部脊柱管狭窄症の画像診断に最も適している()。

    15_29_腰部脊柱管狭窄症


    臨床症状と画像所見の一致により確定診断する。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top