株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

成人腰椎分離症・分離すべり症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-21
山下一太 (徳島大学大学院医歯薬学研究部運動機能外科学教室)
西良浩一 (徳島大学大学院医歯薬学研究部運動機能外科学教室教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    腰椎分離症は,発育期にpars interarticularis(椎間関節突起間部)の疲労骨折として発生するもので,癒合が得られず偽関節となれば腰椎分離症が完成する。分離症となれば,椎間板変性,あるいは終板解離を巻き込み,すべり症に進展することがある。

    分離症・分離すべり症の症状発現には多彩な病態が隠されている。ここでは,成人での分離症・分離すべり症を解説する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    成人での腰椎分離症,分離すべり症の主症状は腰痛である。

    腰痛の原因は3種類あり,①分離部から隣接椎間関節に広がる滑膜炎,②変性椎間板によるdiscogenic pain(椎間板性の疼痛),③椎体終板炎(いわゆるtype 1 modic変化),である。

    下肢症状を呈する場合もあり,基本的には,分離部に生じているフック状の骨棘(ragged edge:分離部骨棘)が神経根を引っ掛け,牽引する刺激症状である。

    変性すべりとは異なり,分離すべりでは椎弓は遊離するため,椎弓で圧迫されることは稀である。すべりレベルで椎間板高が消失した際,いわゆるforaminal stenosis(椎間孔狭窄)となり,exiting nerve(神経根)障害が生じる。

    【検査所見】

    成人ではほとんどが終末期(偽関節)の分離症であり1),単純X線像の斜位像にてスコッチテリアの首輪サインを呈する。

    腰痛の病態診断にはMRIが必要である。特に,STIR(short TI inversion recovery)-MRIは腰痛の検索には必須である。また,下肢症状の病態確認にはCT像が有用となる(図1)。


    腰痛の原因をにまとめる2)

    15_31_成人腰椎分離症・分離すべり症

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top