株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

魚粉は食物アレルギーの原因食品となるか?【アレルギー様食中毒など3病態が考えられる】

No.4890 (2018年01月13日発行) P.63

徳永真理 (国立病院機構高崎総合医療センター小児科)

登録日: 2018-01-11

最終更新日: 2018-01-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • ラーメン,特につけ麺の魚粉のたれで激しい下痢をきたす患者が複数います。以前は症状がなかったとのこと。成書に記載はなく,一般のアレルギー検査項目ではチェックできません。機序をお教え下さい。

    (神奈川県 K)


    【回答】

    魚類は,成人が新規に食物アレルギーを発症する原因食物の第2位1)です。これまで症状がなくても発症する可能性はあります。魚類を食べてアレルギー症状を起こした場合,原因としてアレルギー様食中毒,アニサキスアレルギー,魚類アレルギーの3つを考える必要があります。

    (1)アレルギー様食中毒
    魚粉は骨や内臓がついたままの小魚を丸ごと原料として使うので,内臓由来のビタミン類やミネラル類が豊富ですが,特にイワシやサバなど原料の小魚の鮮度によっては,魚粉中にヒスタミンを多く含むこともあります。そのヒスタミンによってアレルギー様症状が出現する可能性があります。

    (2)アニサキスアレルギー
    アニサキス症と異なり,魚の凍結や加熱調理でもアレルギー症状を防止できないことが報告2)されており,魚粉も原因食品となる可能性があります。検査としては,アニサキス特異的IgE抗体の測定が参考になります。

    残り644文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連物件情報

    page top