株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

坪坪井栄孝元日医会長の軌跡[追悼 坪井栄孝先生]

No.4792 (2016年02月27日発行) P.19

登録日: 2016-09-08

最終更新日: 2017-01-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坪井 栄孝(つぼい えいたか)
1929年生まれ。福島県郡山市出身。52年日本医大卒。国立がんセンター病院放射線部医長を経て、77年慈山会医学研究所付属坪井病院院長。96〜2004年日医会長。00〜01年世界医師会長。お別れの会は、3月27日午後1時から郡山市のホテルハマツで行われた。



❶国立がんセンター時代の坪井氏(1968年10月・日本癌学会) 

❷坪井病院院長として本誌「人」欄に登場(88年6月)

❸福井光壽東京都医師会長(当時)を破り、日医会長に当選(96年4月) 

❹「国民医療を守る医師総決起大会」で厚生省の改革案に断固反対を表明(96年11月) 

❺本誌座談会「第25回日本医学会総会が目指すもの」(99年1月)。左より坪井氏、森亘氏(当時の日本医学会長)、髙久史麿氏(第25回日本医学会総会会頭)、矢崎義雄氏(同準備委員長)
 

❻「厚生族のドン」橋本龍太郎氏(右)、当時の厚相・津島雄二氏(左)と(2000年10月・武見参院議員のパーティーで)
 

❼第52回世界医師会総会で会長に就任(00年10月・英エディンバラ)

❽日医会長時代に上梓した主著『我が医療革命論』と自作の言葉「医道士魂」の掛け軸 

❾晩年、脳梗塞で車椅子生活になった後も本誌のインタビュー取材に応じてくれた(08年9月の特集「医事新報版『厚労省改革』会議」)

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top