株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

クーベレール子宮とは

No.4693 (2014年04月05日発行) P.67

関沢明彦 (昭和大学医学部産婦人科学講座教授)

登録日: 2014-04-05

最終更新日: 2016-10-18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Q】

クーベレール子宮(Couvelaire uterus)とはどのようなものか。 (福島県 Y)

【A】

常位胎盤早期剥離によって子宮脱落膜で起こった出血が,子宮筋層を越えて子宮漿膜側まで浸潤・溢出していった状態の子宮をCouvelaire uterusという。このとき,子宮は斑状の青紫色に変色している。子宮筋の過緊張や局所圧痛の原因になることもある。子宮筋層は脆弱化し,常位胎盤早期剥離の過強な子宮収縮と相まって子宮破裂の原因になることもある。
分娩後は子宮収縮不全の原因となることがあり,子宮収縮薬の投与などが必要になることも多い。また,子宮収縮不全により,出血が持続する場合には子宮摘出術が必要になることもある。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連物件情報

もっと見る

page top