株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

高齢者の脂質管理における最新の知見について

No.5172 (2023年06月10日発行) P.53

細島康宏 (新潟大学大学院医歯学総合研究科 腎研究センター病態栄養学講座特任准教授)

藤原和哉 (新潟大学大学院医歯学総合研究科 血液・内分泌・代謝内科(健康寿命延伸・ 生活習慣病予防治療医学講座)特任准教授)

登録日: 2023-06-09

最終更新日: 2023-06-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 最近,「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」が刊行されましたが,高齢者の脂質管理における最新の知見について,ガイドラインの作成にも関わっておられる新潟大学・藤原和哉先生にご解説をお願い致します。

    【質問者】細島康宏 新潟大学大学院医歯学総合研究科 腎研究センター病態栄養学講座特任准教授


    【回答】

    【84歳までの高齢者において高LDL-C血症の管理は重要である】

    「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」の第7章に高齢者の脂質管理についてまとめられていますが,以下,その要点について簡単に述べます1)

    若年層,中高年と同様に,高齢者においても血清脂質と冠動脈疾患発症には関連があります。スタチン治療による冠動脈疾患や脳卒中の二次予防効果が証明されていることから,高齢者においても冠動脈疾患の二次予防のためにスタチンを用いる重要性が2017年のガイドラインにおいて提唱されました。

    残り742文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    【新潟県】病院(名称非公開)

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 内科・緩和ケア
    勤務地: 新潟県

    【勤務環境】
    急性期病院のようなめまぐるしい職務環境ではなく、一般と回復期のケアミックス病院なので、 メリハリのある勤務環境を提供する事とともに、満足いただける待遇も提示する事が可能です。
    仕事とプライベートをしっかり分けて勤務することができる環境です。

    【医療クラークの充実】
    当院では、ドクターズクラーク(医師事務作業補助者)を配置しています。
    意外と多い医師の事務作業、いわゆる「書き仕事」のお手伝いを行っています。
    診断書・証明書、入院証明書、医療要否意見書、主治医意見書など代行作成する書類は多岐に渡ります。
    その他、退院時要約の作成や手術データ入力など、医師の指示のもとで様々な事務作業を代行します。

    【2022年病院リニューアル】
    2017年から病院リニューアルに向けた基本構想が始まりました。
    今後医療業界は目まぐるしく変化していきますので、時代に合わせた変革を目指し、 地域にとって最善の病院のあり方を検討していきます。
    現状であれば基本構想から参画いただけますので、 新病院で自分の思う医療を実現させられるチャンスです。

    【レジャー施設やプライベートも充実】
    30分圏内で海にも山(トレッキング、スキー、ゴルフ)にも行く事が可能です。
    2017年12月にはロッテアライリゾートがオープンしました。
    「スキー場の聖地」と呼ばれており、 スキーはもちろんの事、ホテルや温泉、プールレストランやカフェ、
    グリーンシーズンには国内最大級のジップラインも展開、アジア最高のプレミアムマウンテンリゾートができます。
    病院から30分程度で行く事が可能です。

    関連物件情報

    もっと見る

    page top