株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 循環器病総合支援センター設置でモデル事業実施へ―厚労省委員会

No.5106 (2022年03月05日発行) P.69

登録日: 2022-02-25

最終更新日: 2022-02-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省の循環器病総合支援委員会が217日に開かれ、「循環器病総合支援センター(仮称)」のモデル事業の公募要綱を大筋で了承した。2022年度に10都道府県程度で行うモデル事業を通じてセンター設置の有効性を検証し、全国展開への足掛かりとしたい考えだ。

「循環器病総合支援センター」とは、脳卒中や心臓病などの循環器病に関する情報提供や相談支援において、地域で中核的役割を果たす医療機関をイメージ。政府は、2010月に閣議決定した「循環器病対策推進基本計画」で、循環器病患者を中心とした包括的な支援体制を構築するため、多職種が連携して総合的な取組を進める目標を掲げている。だが、具体策に挙げられた社会連携に基づく循環器病患者支援や、循環器病に関する適切な情報提供・相談支援、循環器病の緩和ケアなどは、現在の都道府県医療計画に基づく施策を大きく超える内容であり、すべての支援を十分なレベルで提供できる体制を確保できるかどうかが、課題とみられていた。

このため、厚労省は、循環器病の専門的な知識があり、都道府県や地域の病院、かかりつけ医などと連携しながら、地域の医療機関の診療や患者支援機能の向上、患者や地域への情報提供と相談支援などで中心的な役割を果たす「循環器病総合支援センター」の配置について、検討を開始。その有効性を確認するためのモデル事業の経費として22年度予算に新規で2億円を計上するとともに、特別研究班を編成して設置要件の検討を進めていた。

■患者だけでなく、地域の医療機関やかかりつけ医の支援も期待

この日大筋了承されたモデル事業の公募要綱案によると、センターの事業内容は、▶循環器病患者・家族の相談支援窓口の設置(電話、メール相談を含む)、▶地域住民を対象とした循環器病に関する情報提供、普及啓発、▶地域の医療機関、かかりつけ医を対象とした研修会、勉強会等の開催―など。応募資格では、▶脳卒中と心臓病の急性期も含む入院医療の提供、▶社会連携に基づく循環器病患者支援、リハビリテーション等の取組、循環器病に関する適切な情報提供・相談支援、循環器病の緩和ケア、循環器病の後遺症を有する者に対する支援、治療と仕事の両立支援・就労支援、小児・若年期から配慮が必要な循環器病への対応、▶自施設の所在地がある都道府県との十分な連携―を求める。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top