株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

食べ物がつまるんです[プラタナス]

No.5071 (2021年07月03日発行) P.3

藤原靖弘 (大阪市立大学消化器内科学教授)

登録日: 2021-07-03

最終更新日: 2021-06-29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 私の経験した最も印象深い1症例について述べたいと思います。

    30歳代の女性で、数年前から食べ物がつまる症状があり、内視鏡検査するも異常なく、最近受けた検診の造影検査でも異常なし。しかし、症状が悪化してきたということで紹介受診されました。当時、初期の食道アカラシアの方を何人か経験していたので、食道内圧検査を行いました。結果、異常は認められず。若い女性、症状はあるが器質的疾患はなさそう=機能性消化管疾患(手ごわい!)と考えたわけです。このようなケースでは往々にして、検査結果に納得してくれないことが多く、医師が診察前に少し気分がブルーになります。

    ところがこの女性、説明すると「ふうーん、そうなんだ」といって診察室を出る勢い。これは、何かおかしい!いつもと違う!と思い、「しばらく受けていないようですから、念のため内視鏡検査をしましょう」と予約しました。

    残り518文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    page top