株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

乳癌:センチネルリンパ節転移陽性での腋窩郭清省略

No.5044 (2020年12月26日発行) P.49

山下啓子  (北海道大学乳腺外科教授)

登録日: 2020-12-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【臨床的N0症例は,転移陽性でも腋窩照射を行えば郭清省略が可能】

早期乳癌(Stage Ⅰ~Ⅲ)は外科手術,放射線療法,薬物療法を組み合わせることにより完治をめざす。乳房の手術は局所制御を目的とする。一方,腋窩リンパ節転移個数は現在もなお最も強力な予後因子であり,その評価は術後薬物療法などの適応決定に重要である。リンパ節転移陽性症例では,局所制御と転移個数の評価を目的として腋窩リンパ節郭清が行われてきた。臨床的N0症例に対して行うセンチネルリンパ節生検で転移陰性の場合,腋窩郭清を省略する。

最近,センチネルリンパ節転移陽性の場合の,腋窩リンパ節郭清省略について検証した5つのランダム化比較試験が報告された。郭清省略例では腋窩照射と適切な全身薬物療法を行うことを原則としている。その結果,センチネルリンパ節転移陽性症例に対する腋窩郭清術と郭清省略(腋窩照射)の比較において,生存率・腋窩リンパ節再発率ともに同等であること,郭清症例でリンパ浮腫などの術後合併症の発生率が高くなることが報告された。

「乳癌診療ガイドライン 1 治療編 2018年版」では,「センチネルリンパ節に転移を認める患者に対して腋窩リンパ節郭清省略は勧められるか」という問いに対して,微小転移(0.2~2mm)の場合は,郭清省略を強く推奨している。また,マクロ転移(>2mm)の場合で放射線療法を行う場合は,郭清省略を弱く推奨する,となった1)

【文献】

1) 日本乳癌学会, 編:乳癌診療ガイドライン 1 治療編 2018年版. 金原出版, 2018.

【解説】

山下啓子 北海道大学乳腺外科教授

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連物件情報

page top