株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

静がんメソッド 乳癌編<第2版> 静岡がんセンターから学ぶ最新化学療法&有害事象マネジメント

静がんならではの経験的ポイントを公開!

定価:5,184円
(本体4,800円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

監修: 安井博史(静岡県立静岡がんセンター副院長/消化器内科部長)
編著: 西村誠一郎(静岡県立静岡がんセンター乳腺外科部長)
編著: 渡邉純一郎(静岡県立静岡がんセンター女性内科部長)
判型: B5判
頁数: 192頁
装丁: 2色刷
発行日: 2019年06月21日
ISBN: 978-4-7849-5617-3
版数: 第2版
付録: -

癌免疫療法の適応レジメンも追加 待望の改訂版!

  • 患者さんの状態や背景がさまざまで「この治療法を」という“正解”が存在しない癌化学療法。本書は、多数の癌患者さんを診療する静がん(静岡県立静岡がんセンター)での経験則から、治療選択の注意点や有害事象対策のポイントを解説。EBMを根幹としつつ、EBMだけではカバーしきれない、静がんの実臨床から得られた経験的ポイントを惜しげもなく公開します。
  • 第1章では各癌腫に対する化学療法、手術、放射線療法などの治療決定の指針「SCC院内ガイドライン」を提示。第2章では重要なレジメンについて個別に解説し、投与量や投与スケジュールなどの基本的事項のみならず、起こりうる有害事象とそのマネジメントについても詳述しています。
診療科: 外科 乳腺外科
シリーズ: 静がんメソッド

目次

1. SCC 院内ガイドライン
 1)周術期乳癌(手術可能乳癌)
 2)進行再発乳癌
2.レジメン・有害事象マネジメント
 1)周術期乳癌
 EC(FEC)療法
 EC(FEC)+3weekly DTX療法
 EC(FEC)+weekly PTX療法
 TC療法
 dose-dense EC-PTX療法
 トラスツズマブ
 PER+Tmab+DTX 療法
 CMF療法
 2)進行再発乳癌
 進行再発乳癌 レジメン索引
 アベマシクリブ+内分泌療法
 エキセメスタン+エベロリムス
 S-1(TS-1)
 エリブリン(+トラスツズマブ)
 オラパリブ
 カペシタビン(+トラスツズマブ)
 ゲムシタビン(+トラスツズマブ)
 抗HER2療法
 トラスツズマブ エムタンシン
 パクリタキセル+ベバシズマブ
 weeklyパクリタキセル(+トラスツズマブ)
 パルボシクリブ+内分泌療法
 ビノレルビン(+トラスツズマブ)
 ペルツズマブ+トラスツズマブ+ドセタキセル
 ラパチニブ+カペシタビン
 ラパチニブ+トラスツズマブ

Column
1. 乳癌における免疫チェックポイント阻害薬の可能性
2. 内臓転移と肝転移〜リスク因子としての重みづけを考える〜
3. リスク因子としての骨転移
4. CDK4/6阻害薬,どちらを選ぶか
5. 中枢神経転移
6. 癌薬物療法と間質性肺疾患〜主に鑑別について〜
7. PER+Tmab+DTXの代替療法の可能性
8. 腫瘍崩壊(融解)症候群(TLS)

もっと見る

閉じる

序文

前回「静がんメソッド 乳癌編」を刊行した後, 新たなエビデンスも加わり,周術期補助療法, 再発治療共にレジメンの追加や改良を行っています。また,新規薬剤の登場により,治療の選択肢が広がっています。
常日頃,我々,乳腺グループでは,新患1例ごとにキャンサーボードで議論し,それぞれの症例に合わせて治療方針を決めていますが,その実地診療に即した内容で記述しております。日進月歩の乳癌治療の中で,エビデンスとして確立しているもの,いないもの,様々な情報がある中で,妥当性を考えながら治療を行っています。
本書が,乳癌治療に取り組んでおられる医療関係者の方々の一助になれば幸いです。文章内に稚拙な表現があるかもしれませんが,ご容赦下さい。

2019年立夏
乳腺グループ一同(文責 西村誠一郎)


皆様のお手元に「静がんメソッド 乳癌編」の第2版をようやくお届けすることができました。講演会などでお会いする方々から「外来のとき,いつも手元に置いています。」といったうれしいお言葉をたびたび頂戴し,改訂の機会を窺っておりました。そして,CDK4/6阻害薬が承認され,また,免疫チェックポイント阻害薬や多遺伝子パネル検査がいよいよ承認されようという変化の時期に,大幅な改訂をもって間に合わせることができました。
CDK4/6阻害薬の登場による治療戦略の変化,そして,間質性肺疾患のマネジメントなどに力を入れ,「ガイドラインには書いていないこと」を伝えられるよう,共著者共々,努力致しました。
皆様の日々の診療や看護にお役立て頂ければ, 筆者としてこの上ない喜びです。

渡邉純一郎

もっと見る

閉じる

シリーズ書籍

関連書籍

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top