株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

忘れられたこと[プラタナス]

No.5018 (2020年06月27日発行) P.3

泰川恵吾 (ドクターゴン診療所院長)

登録日: 2020-06-27

最終更新日: 2020-06-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 22年前、東京女子医大救命救急センターを辞し、生まれ故郷の宮古島に帰って在宅医療を始めたばかりだった。過疎の農村地帯や小さな離島を中心に患者を訪ね歩いていた。

    患者は85歳の男性、独身の息子と同居。高度認知症で失明しており、通院は困難で、転んだりぶつけたりして、傷が絶えないと往診依頼があった。最初は普通に擦過傷や挫創の処置をしていたが、しばしば傷が再発、膿瘍形成して難治性だった。しかも、不思議とあまり痛みを感じていないようだ。一旦上皮化しても、またすぐに傷がついて、そのうち広汎なびらんになったりする。経過をみていると、手足だけでなく顔面にも同じような変化が現れた。短縮している第2、3指は、当初は事故か何かで切断したものと思い込んでいたが、よく診るとちゃんと爪がある。その後、第1指に現れた難治性のびらんは膿瘍を形成し、先端から壊死して、少しずつ指が短縮していった。

    残り520文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top