株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

自信のなさが導いた肺エコー“再発見”[プラタナス]

No.5016 (2020年06月13日発行) P.3

鈴木昭広 (自治医科大学附属病院麻酔科(周術期管理担当)教授)

登録日: 2020-06-13

最終更新日: 2020-06-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 専門医取得前、地方病院に一人麻酔科医長として赴任していたある日、麻酔中の患者の低血圧・低酸素血症が経時的に悪化し、私は聴診所見から気胸を疑った。術者に様子がおかしいことを伝え、胸部X線撮影を打診するが、ベテランの術者はすぐには手を止めず、昇圧薬への反応も乏しくなってきてようやく手術中断、X線撮像に至った(写真)。

    その翌年、別の病院の手術で同じような経過をたどる患者がいたが、その時もX線はすぐには撮ってもらえず、術後ルーチンX線写真で胸腔内の巨大血腫が明らかとなった。2つの事例から学んだのは、相手を納得させるためには残念ながら医師経験の浅い自分の主観的な判断だけでは足りず、客観的証拠を必要とする、ということだった。

    残り617文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top