株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

法医学者の瞼の裏にはマーフィーの法則が入れ墨されている[プラタナス]

No.4981 (2019年10月12日発行) P.3

藤宮龍也 (山口大学大学院医学系研究科法医学講座教授)

登録日: 2019-10-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • マーフィーの法則「If anything can go wrong, it will」の最悪は、法医学領域では殺人事件である。この法則は法医学でも大事と教えているが、それを実感した思い出の事案をご紹介したい。

    年末の夜、教室から帰宅して息子との夕食中に連絡があった。「頸部刺創による自殺と思うが、凶器がない」。ご遺体があり、明日は米国大統領が来京して警備に手をとられるので、すぐに司法解剖してほしいという。

    解剖は午後10時から始まった。解剖台のご遺体は無念そうな顔をしていた。左側頸部に刺創が1箇所あり、失血死なら顔面蒼白のはずが、顔面うっ血と顔面・眼瞼・口腔粘膜の溢血点を認めた。前頸部を見るとうっすらと赤紫色変色斑が左右2箇所認められた(写真)。「扼頸はヤッケイだ」と呟くと、検視官が顔面蒼白になった。慌てて警察電話に飛びついて、指示を出しはじめた。これが、スナックママ連続殺人事件の木屋町第一事件(警察庁指定119号)の始まりである。

    残り488文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top