株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 保険局長に濵谷浩樹氏が就任、事務次官は留任―厚労省幹部人事

No.4968 (2019年07月13日発行) P.68

登録日: 2019-07-03

最終更新日: 2019-07-03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

根本匠厚生労働相は2日の閣議後会見で、局長級以上の厚労省幹部人事を発表した。発令は9日。

鈴木俊彦事務次官、鈴木康裕医務技監のほか、吉田学医政局長、大島一博老健局長、谷内繁社会・援護局長は留任した。

一方、次官に次ぐ審議官には土屋喜久職業安定局長、保険局長に濵谷浩樹子ども家庭局長、健康局長に宮嵜雅則大臣官房生活衛生・食品安全審議官、医薬・生活衛生局長に樽見英樹保険局長、子ども家庭局長に渡辺由美子大臣官房審議官(医療保険担当)が就任。このうち健康局長の宮嵜氏は慶大出身の医系技官で、保険局医療課長として2016年度診療報酬改定を担当した経歴を持つ。

宮川晃審議官、宇都宮啓健康局長、宮本真司医薬・生活衛生局長は辞職する。

同日の閣議後会見で根本厚労相は、幹部人事の狙いについて「現役世代の減少が進む中、2040年頃を見据えて全ての世代が安心できる社会保障制度の構築に向けた取組みを推進する」としたほか、「組織のガバナンスを強化するため官房機能の強化、政策統括機能の強化、統計改革を進めるための体制強化を行うなどの観点から適材適所の人事を行うもの」と説明。統計問題がある中で事務次官を留任させた理由について問われると、「今回の幹部人事はいわゆる統計不正の責任問題とは関係がない」と述べた。

保険局長に就任する濵谷浩樹氏

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top