株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

増加傾向にある大麻事犯【PickUp 医療データ】(145)

No.4960 (2019年05月18日発行) P.7

登録日: 2019-05-19

最終更新日: 2019-05-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部が選ぶ今週の数字

薬物事犯全体に占める覚醒剤事犯が微減傾向を示す一方で、大麻事犯の検挙者数は近年大きく増加している。内閣府が厚生労働省、警察庁、海上保安庁のデータを集計したところによると、2017年の大麻事犯の検挙者数は3218人と過去最多を記録。18年の検挙者数も、警察庁集計分だけで3578人に上っており、3000人を上回る状況が続いている。その要因として厚労省は、危険ドラッグ規制の強化による大麻への回帰のほかに、若年層における濫用の増大を挙げている。近年の大麻事犯の4割強を占めるのは未成年者と20代だ。警察庁の調査によると、この年代は大麻の危険性に対する認識が特に低いことが分かっている。



大麻事犯は増加傾向にあり、2017年以降

を超えている

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top