株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 患者から医療者へのハラスメント、対策を医療機関の義務に―日看協が要望書提出

No.4956 (2019年04月20日発行) P.67

登録日: 2019-04-11

最終更新日: 2019-04-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本看護協会(日看協)は10日、医療現場におけるハラスメント防止対策の推進に関して、根本匠厚生労働相宛に要望書を提出したと発表した。改正労働施策総合推進法に基づく指針で、患者等によるハラスメントから医療従事者を守るために医療機関(事業主)が講じるべき措置を明確化し、早急に義務化するよう求めている。

政府が今国会に提出した労働施策総合推進法改正案では、職場におけるハラスメント対策の実施を事業主に義務づける規定が盛り込まれているものの、顧客から従業員へのハラスメント対策については義務化が見送られた。日看協の要望書は、患者・家族から看護職員等へのハラスメントが深刻化し、医療従事者が安心して働くことが難しくなっているとして、追加的対応を求めたもの。

要望内容には、▶患者・家族によるハラスメントの対策に取り組む医療機関の支援、▶医療従事者へのハラスメント防止に関する国民への啓発、▶「国、自治体、事業主等が患者・家族等から看護職員へのハラスメント対策に取り組むこと」の法令への明記―も盛り込まれている。

要望書は9日に、福井トシ子会長らから髙階恵美子厚労副相へ手渡された。日看協によると、髙階副相は患者・家族からのハラスメントが医療安全を損ね、職員の離職や労災につながっているとの認識を示した上で、「法改正後に示す指針で事業主が行うべき対策を具体化し、例示する」などと述べ、実現に前向きな姿勢を見せたという。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top