株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

慢性前立腺炎の薬物治療について

No.4924 (2018年09月08日発行) P.59

東郷容和 (医療法人協和会協立病院泌尿器科)

松川宜久 (名古屋大学大学院医学系研究科泌尿器科学教室講師)

登録日: 2018-09-05

最終更新日: 2018-09-04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 慢性前立腺炎の診断および治療は難渋するケースが少なくありません。抗菌薬の耐性化が進んでいる中,現在の薬物治療の中心であるキノロン系薬剤をどのように使用し,他剤をどのようなタイミングで使用すべきでしょうか。排尿障害治療の専門家である名古屋大学・松川宜久先生にご教示をお願いします。

    【質問者】

    東郷容和 医療法人協和会協立病院泌尿器科


    【回答】

    【細菌性か非細菌性かの鑑別が重要。個々の症例,症状に合わせた治療を考える】

    前立腺炎とは,何らかの原因により前立腺に炎症が起こり,発熱や下腹部・会陰部痛,頻尿・残尿感・排尿時痛などの下部尿路症状がみられます。診断においては,細菌性によるものか非細菌性か,急性か慢性かを鑑別することが肝要です。しかし,慢性前立腺炎では症状が多彩であり,ご質問にもある通り,薬物治療の種類や投与期間など不明な点もあり,診断,治療に苦慮することが多いのが現状です。

    前立腺炎に対するアプローチとして,米国国立衛生研究所(National Institutes of Health:NIH)による前立腺炎のカテゴリー分類(Ⅰ~Ⅳ)にしたがって診断,治療を行うことが推奨されます。急性前立腺炎については,その発症形式,発熱などの症状などから鑑別は容易と思われますが,慢性前立腺炎が疑われる場合は,前立腺マッサージで得られる前立腺圧出液(expressed prostatic secretion:EPS),中間尿(voided bladder urine 2:VB2),前立腺マッサージ後の初期尿(voided bladder urine 3:VB3)の白血球および細菌の有無を評価して,NIHカテゴリーでⅡ,Ⅲに分類される細菌性か非細菌性かの鑑別を行います。

    残り646文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    関連物件情報

    もっと見る

    page top