株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

北海道江別市 江別市立病院

  • 病院
  • 常勤
科目 内科(総合内科)3名・消化器科1名
待遇 年収 1,500万~1,900万円(10~30年目の場合、年数により増減、各種手当て含む)

施設からのメッセージ

北海道江別市の江別市立病院では、内科(総合内科)3名・消化器科1名の常勤医師を募集しています。
札幌から通勤する医師も多数います。
江別市立病院は、江別市および近隣市町村を含め約16万人の診療圏の中にあって、急性期医療を担う中核病院として、昭和26年の開院以来半世紀以上にわたり皆様の健康をお守りすることに尽くしてまいりました。
平成20年4月からは内科全般の要として総合内科医を配置し、救急医療や複数の疾患を抱えることの多い高齢者医療などにも対応できるよう体制を整えております。
当院は、患者様に安心して療養していただけるよう、個人情報保護法の趣旨にもとづいたプライバシーの尊重、医師の十分な説明に基づく患者様の納得・同意(インフォームド・コンセント)を心がけておりますし、入院病棟はゆったりした広さを確保し、療養環境の整備に努めております。

施設担当者に問い合わせする

当サイト担当者に問い合わせする

※上記をクリックすると各担当者宛にメールで問合わせができます。

当求人情報に関する連絡先

名称 公益財団法人 北海道地域医療振興財団
電話 011-208-2575
住所 〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西6丁目 毎日札幌会館内

募集情報

業務内容 外来・病棟管理
採用条件 定年65歳
勤務日 月・火・水・木・金
科目 内科(総合内科)3名・消化器科1名
勤務時間 8:30~17:00
当直 あり
夜間、日直
休日 土曜・日曜・祝日
備考 役職:部長
退職金・赴任旅費・現地視察旅費:あり

募集施設情報

勤務先住所 〒067-8585 北海道江別市若草町6
交通アクセス 札幌市から車30分/新千歳空港から車60分
診療科 内科/循環器科/消化器科/呼吸器科/神経内科/小児科/精神科/外科/整形外科/泌尿器科/耳鼻咽喉科/皮膚科/麻酔科/眼科/産婦人科/人工透析内科/小児循環器内科/消化器外科/内視鏡外科 他
病床/定員 337床(一般278床・精神59床)
医療設備等 診断用機器:MRI1.5、CT64列、血管造影装置、マンモグラフィ、他
治療用機器:人工透析装置、他
備考 外来数:674人/日
関連施設:江別市立病院訪問看護ステーションいたわり

施設担当者に問い合わせする

当サイト担当者に問い合わせする

※上記をクリックすると各担当者宛にメールで問合わせができます。

関連求人情報

国民健康保険 平戸市民病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 内科2名・整形外科1名・小児科1名・透析等1名
勤務地: 長崎県平戸市

当院は、地域における唯一の病院として二次救急を含め地域住民の医療を支えていますが、内科医・整形医が急遽退職し医師確保が喫緊の課題となっています。地域医療を担っていただける医師の応募をお待ちしています。
●基本理念:地域とのふれあいを大切に地域に愛され信頼される地域包括医療ケアの実践
●基本方針:
①地域における医療センターとして、医療水準の向上に努め、患者中心の医療サービスを提供する。
②救急医療体制の確立を図り二次救急に対応できる病院づくりに努める。
③診療機能の充実を図り、地域の医療需要に応えられる病院づくりに努める。
④保健・医療・福祉関係機関との連携を図り、健康増進、疾病予防、治療、リハビリテーションまでの地域包括医療サービスの提供に努める。
●本土からの位置、島の魅力
平戸市は、九州の西、長崎県の北西部に位置します。古代から海外に窓を開き大陸交流の玄関口として栄え、歴史的にも深いつながりがあった1市2町1村(平戸市・生月町・田平町・大島村)が合併し、2005年10月に新生「平戸市」が誕生しました。少子高齢化、人口減少など過疎化による地域活力の低下が懸念される中、本市が有する恵まれた自然環境や独自の歴史・郷土文化資源など多彩で魅力ある地域資源を最大限に活かしながら、市民一人ひとりがまちづくりの主役として輝き、官民協働のまちづくりの実現に向け積極的に取り組んでいます。平戸市の魅力が評価され、平成26年度は「ふるさと納税額」第1位に輝きました。
世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の12の構成資産のうち2資産が当平戸市内(市民病院医療圏域)に所在しています。
●人口 31,223人(平成31年4月1日現在)
●観光客数 年間約175万人 ●主な産業 観光・農業・水産業

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

関連記事・論文

関連書籍

もっと見る

page top