株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

舌痛症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
山本信治 (神奈川歯科大学大学院歯学研究科歯学教育学講座准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    舌に器質的疾患を認められないにもかかわらず自発痛が持続する疾患の総称。舌の色調や機能は正常である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    舌のヒリヒリ感,ピリピリ感,灼熱感。

    舌のみではなく,口唇や頬粘膜の違和感,疼痛,味覚異常を合併することも多々ある。

    食事中や対話中には自覚されないが,何もしないでいる際,ふと疼痛が増強するのが特徴。

    午前中より夕方から夜にかけて疼痛が増悪する。

    口蓋や口唇などに疼痛部位が移動することがある。

    病前性格に強迫,几帳面,心気性格傾向がある。

    歯科治療後に発症することがしばしばある。

    「がんではないか?」と不安を訴える,いわゆるがん恐怖症のこともある。

    好発年齢:40歳以降。

    性差:女性>男性(圧倒的に女性に多い)。

    【検査所見】

    舌痛は歯科心身症として扱われているため,心理的要因も重要な因子と考えられている。狭義の舌痛症診断基準をに示す1)

    19_02_舌痛症

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top