株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

下歯槽神経麻痺[私の治療]

No.5116 (2022年05月14日発行) P.49

西山明宏 (東京歯科大学口腔病態外科学講座)

登録日: 2022-05-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 下顎大臼歯~前歯の知覚およびオトガイ神経領域の知覚(下唇,オトガイ,口角)をつかさどっている下歯槽神経の知覚異常を呈する病態である。悪性腫瘍からの転移・浸潤,下歯槽神経原発の腫瘍,急性下顎骨骨髄炎により発生することが知られているが,近年では下顎智歯抜去,デンタルインプラントの埋入操作による医原性の下歯槽神経麻痺も増加傾向にある。

    ▶診断のポイント

    【症状】

    下歯槽神経麻痺により麻痺の原因となる箇所から末梢に走行する神経支配領域の歯牙,歯肉(オトガイ孔より前方部),下唇(下唇粘膜を含む),オトガイ,口角の知覚低下を認める。

    【検査所見】

    下歯槽神経麻痺の原因を追究することが重要であり,numb chin syndromeを代表とする悪性腫瘍,下顎骨骨髄炎による症候性,抜歯等の神経損傷による医原性の神経麻痺がある。前者が原因の場合,知覚異常の程度の精密な診断よりも先に原因疾患の精査と加療を早急に進める必要がある。後者では,局所の神経損傷がどの程度であるかを迅速に診断することが重要である。一般的に神経損傷の分類ではSeddon分類,Sunderland分類がある。前者では一過性神経伝導障害(neurapraxia),軸索断裂(axonotmesis),神経断裂(neurotmesis)の3つに分類しており,後者では軸索断裂と神経断裂をさらに各々2つにわけており一過性神経伝導障害を含めるとⅠ~Ⅴの5段階で分類し評価をしている。

    上記のような神経障害の程度を診断するためには,主観的検査〔Semmes-Weinstein(SW)テスト,2点識別閾値検査など〕,客観的検査(画像検査,知覚神経活動電位導出法など)が必要となる。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    主に医原性損傷による下歯槽神経麻痺について焦点をあて治療方針を記す。

    損傷後の神経は経時的に軸索再生が進む。そのため,回復傾向なのか病的な状態なのかを専門医が判断するのには,損傷後2回以上(1カ月1回)の検査が必要である。早期損傷症例であっても診断には時間を要するため,その間に保存的治療を進める。重症例(神経断裂)では,診断の時点で手術適応となる。既に神経切断をしたという客観的な事実(術中写真など)があれば,早期に外科手術を施行することもある。神経損傷後の治療期間は最大で2年で,以降を症状固定としている(神経修復手術を施行した場合も治療期間は術後2年としている)。

    残り1,154文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連物件情報

    page top