株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

オスグッド・シュラッター症候群

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-24
松本秀男 (慶應義塾大学スポーツ医学総合センター教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    成長期の膝関節に生じるオーバーユース症候群(overuse syndrome)の1つ。

    骨端線閉鎖前の脛骨粗面に大腿四頭筋による強大な牽引力が繰り返し加わることによって,骨端が障害される。

    ジャンプ,着地の繰り返しが大きな要因。

    小学校高学年から中学生(10~15歳)でスポーツ活動の盛んな男児に多い。

    スポーツ種目にもよるが,両側例が多い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    ジャンプからの着地や急激な膝関節の自動伸展など,膝関節伸展力が加わる動作で疼痛を訴える1)

    重症例では,肉眼的に脛骨粗面部の突出や膨隆を認める(図1)。

    15_78_オスグッド・シュラッター症候群

    脛骨膝蓋腱付着部の炎症所見や圧痛を認める。

    膝関節の深屈曲で疼痛を訴え,正座ができない症例もある。

    長期経過例では大腿四頭筋萎縮を伴う。

    慢性化すると,骨端線閉鎖後も脛骨粗面の突出が残存して疼痛を伴うことがある(後述の遺残性オスグッド・シュラッター症候群)。

    【検査所見】

    〈単純X線〉

    側面像で脛骨結節膝蓋腱付着部は前方に突出する。

    脛骨結節から遊離した骨片陰影を認める(図2)。

    膝蓋腱内に骨化陰影を認めることもある。

    軽度の膝蓋骨高位を呈することがある。

    〈MRI〉

    骨端線は通常,大腿骨,脛骨とも残存している。

    脛骨結節膝蓋腱付着部は高輝度を呈し,軽度前方への突出を認める。

    膝蓋腱そのものの輝度変化は小さい。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top