株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

野球肘・テニス肘

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-20
岩崎倫政 (北海道大学大学院医学研究院機能再生医学講座整形外科学分野教授)
船越忠直 (慶友整形外科病院)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    野球肘・テニス肘は,繰り返しのスポーツ動作により生じる肘関節障害の俗称であり,正しく病態を示すものではない。

    ここでは野球肘の代表として上腕骨小頭離断性骨軟骨炎を,テニス肘として上腕骨外側上顆炎について述べる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    〈上腕骨小頭離断性骨軟骨炎〉

    激しい肘痛を訴えないこともあるが,詳細に見れば,圧痛,肘可動域制限などの症状があることが多い。

    〈上腕骨外側上顆炎〉

    上腕骨外側上顆炎は,タオル絞り動作やヤカンなどを持ち上げる動作で肘外側の痛みを訴えることが多い。

    【検査所見】

    〈上腕骨小頭離断性骨軟骨炎〉

    検査は肘屈曲45°単純X線正面像における上腕骨小頭の骨軟骨透亮像,分離像が重要である(図1)。近年は超音波による骨軟骨病変の早期発見が注目されている1)

    手術適応の決定にはCTにおける病変の大きさ(図2)やMRIによる不安定性評価が有効なことがある。

    15_77_野球肘・テニス肘

    〈上腕骨外側上顆炎〉

    診断は主に,圧痛とThomsenテスト,middle finger extensionテストなどの理学所見が中心となることが多い。

    単純X線では,軽度の骨棘や骨硬化がみられることもあるが,基本的には典型的な所見は認めない。MRIでは短橈側手根伸筋起始部に水腫(T2強調での高信号)所見や関節内滑膜ひだを見ることがある。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top