株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

内反足

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
薩摩眞一 (兵庫県立こども病院整形外科部長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    内反足は特発性と,症候性あるいは麻痺性にわかれるが,一般に先天性内反足と表記された場合は特発性を指し,ここでは特発性について述べる。

    発生頻度はおよそ0.1%,性差は2:1で男児に多い。病因は明らかでないが,子宮内機械的圧迫説,胎生期発育停止説,胚芽欠損説,遺伝説などが挙げられる。変形の本質は足根骨,特に距骨の形成不全と変形,足根骨間の配列異常,さらに関連する腱や靱帯など軟部組織の異常に集約される。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    生下時より足部は底屈位,過度の内がえし位を呈しており,通常見逃されることはない。子宮内肢位の遺残が一見同様な変形をきたし,出生直後の産院で内反足と疑われることもあるが,この病態における内反位は容易に良肢位に矯正されるので鑑別は難しくない。

    内反足の特徴的な足部変形は後足部内反,尖足,前足部内転,凹足が組み合わさったものであり,容易に矯正できない拘縮を伴っている(図1)。

    15_56_内反足

    【検査所見】

    臨床的に診断は可能であるが,新生児期の単純X線像においては患側距骨の骨化核に明らかな発育不全を認める。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top