株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

筋性斜頸

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
中嶋秀明 (福井大学医学部器官制御医学講座整形外科学領域)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    発生頻度は全出産の約0.3~0.5%程度。右側にやや多く,女児に多い傾向がある。骨盤位分娩,鉗子・吸引分娩など産科的難産例に多い。

    発生原因は,胎内負荷,阻血,分娩時の胸鎖乳突筋過伸展などの仮説はあるが,確定していない。

    自然治癒が期待できる場合が多く,保存療法が主体である。生後1年半~2年経過しても改善がみられない場合は,外科療法を考慮する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    片側の胸鎖乳突筋の拘縮または短縮により,特有な斜頸位(頭部を患側に傾斜させ,顎先を健側に回旋)を呈し,頸椎の患側への回旋運動と健側への側屈運動が制限された状態が生じる。

    胸鎖乳突筋分岐部に生後7日前後で小指頭大以下の柔らかい小腫瘤が生じる。生後2~3週頃までに急速に硬さと大きさが増す。

    【検査所見】

    腫瘤の観察に超音波検査は有用である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top