株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

頸椎椎間板ヘルニア

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-21
吉井俊貴 (東京医科歯科大学整形外科学准教授)
大川 淳 (東京医科歯科大学整形外科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    頸椎椎間板ヘルニアは40~60歳代の男性に多く,椎間板組織が線維輪を破って後方あるいは後側方に脱出することで,頸部痛,神経根症あるいは脊髄症を呈する。

    ■代表的症状・検査所見1)

    【症状】

    神経根症:頸部痛,肩甲部痛,上肢痛が出現し,徐々に障害神経根領域のしびれ,筋力低下,知覚障害が生じる。

    脊髄症:手指のしびれ,巧緻運動障害が出現し,進行すれば歩行障害,膀胱直腸障害を引き起こす。

    【検査所見】

    〈局所所見〉

    急性期には可動域が制限され,頸部の屈曲,伸展などで頸部,肩甲部,上肢への放散痛などを伴う。

    〈神経学的所見〉

    神経根症:Jacksonテスト,Spurlingテストの陽性所見,神経根障害に伴う深部腱反射の減弱,筋力低下,分節性知覚障害などがみられる。

    脊髄症:障害髄節の深部腱反射の減弱,筋力低下,知覚障害,索路徴候としてHoffmann徴候の陽性,下肢腱反射亢進,知覚障害,膀胱直腸障害などがみられる。

    〈画像所見〉

    頸椎単純X線:初期には正常像のことも多いが,時間が経過すると椎間板腔の狭小化や骨棘形成なども認める。

    頸椎MRI:椎間板組織の後方への突出や脱出,神経根や脊髄の圧迫を認める()。

    15_23_頸椎椎間板ヘルニア

    単純X線ないしCTにより,骨棘や後縦靱帯骨化と椎間板ヘルニアとの鑑別が可能である。脊髄造影検査および脊髄造影後CT検査にて,神経根嚢像の欠損や硬膜管の圧排,脊髄の変形などが確認できる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top