株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

頸肩腕症候群

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
土井田 稔 (岩手医科大学医学部整形外科学教室教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    頸部から肩甲帯・上肢にかけての疼痛や肩こりなどの多彩な症状を呈し,原因が特定できない病態の総称である。

    頸椎病変や肩関節疾患の随伴症状,整形外科領域以外の関連痛が関与していることもあり,その原因となる疾患は多岐にわたる。狭義の頸肩腕症候群は不良姿勢や同一姿勢での長時間のデスクワークによる筋肉の緊張や疲労が誘因となる。

    交通事故などの外傷が誘因となる場合がある。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    後頸部痛,上肢痛やしびれ,肩こりなどの不定愁訴を呈する。手指のしびれや巧緻運動障害を訴えれば頸髄症や神経根症などの頸部疾患を疑うべきである1)~3)

    肩関節の運動時痛や可動域制限があれば肩関節疾患を考慮する。

    【検査所見】

    疾患特有の検査所見はなく,頸椎病変や肩関節疾患などの器質的疾患を除外するためにX線検査やMRI検査を行うことが多い。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top