株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

膝が外れるような感覚を伴う 膝痛の鑑別診断と治療

登録日:
2019-02-20
最終更新日:
2019-02-20

監修:斎藤 充(東京慈恵会医科大学整形外科学講座准教授)

■監修のことば

膝の外れるような感覚を伴う疾患は多岐にわたる。膝は大腿骨,脛骨,膝蓋骨という構成要素からなる関節だが,それらを多種多様な靱帯や腱,そして半月板が支え安定性を保っている。このどこかに異常が生じると,外れるような感覚を伴うことがある。それを繰り返すことにより,関節軟骨にも悪影響を及ぼし,変形性膝関節症への進行を促進する可能性がある。そこで,本特集では,膝が外れるような感覚を伴う膝疾患について,エキスパートの先生方に解説をお願いした。先生方の日常診療のお役に立てば幸いである。

■目次

1 膝が外れるような感覚を伴う膝痛の鑑別疾患
古松毅之(岡山大学病院整形外科学教室講師)

2 膝蓋骨不安定症(膝蓋骨脱臼)の症状と治療
林 大輝(東京慈恵会医科大学整形外科学講座)
斎藤 充(東京慈恵会医科大学整形外科学講座准教授)

3 膝外側円板状半月板の症状と治療
中前敦雄(広島大学病院整形外科講師)
安達伸生(広島大学大学院医歯薬学保健学研究科整形外科教授)

このコンテンツはプレミアム(有料)会員限定コンテンツです。

Webコンテンツサービスについて

ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
Web医事新報の有料会員向けコンテンツを読みたい サービス一覧へ
本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

関連記事・論文

page top