株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

【話題4】網膜硝子体手術[特集:今、話題になっていること─眼科編]

No.4883 (2017年11月25日発行) P.37

村井憲一 (岩手医科大学眼科学講座講師)

坂本うみ (岩手医科大学眼科学講座)

登録日: 2017-11-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • next
  • 網膜硝子体手術の過去

    硝子体手術は,開発されてから50年弱の比較的新しい眼科手術である。長らく,網膜(図1)および硝子体は,触れることは禁忌であると恐れられていた部位であった。1970年に初めて閉鎖腔で行う硝子体手術が登場したが1),合併症も多く,しばらくの間は失明するのは当たり前の,危険きわまりない手術と言われていた。その危険性から,当初の手術の適応は,長期の硝子体出血や混濁など,手術しなければ回復の見込みが著しく低いもののみであった。

    残り1,645文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連物件情報

    もっと見る

    page top