株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

カラーアトラス眼底図譜

カラー眼底画像、OCT、OCTA、眼底自発蛍光画像2300点以上を収載!定番書籍の全面改訂版

定価:18,700円
(本体17,000円+税)

数量

カートに入れる

著: 湯澤美都子(日本大学名誉教授)
著: 川村昭之(日本大学眼科兼任講師、川村眼科医院院長)
著: 森 隆三郎(日本大学眼科診療教授)
判型: AB判
頁数: 608頁
装丁: カラー
発行日: 2021年04月01日
ISBN: 978-4-7849-6020-0
版数: 第7版
付録: -

●OCT、OCTA、眼底自発蛍光などの画像も加え全面改訂!
●2,300点以上に及ぶ鮮明な画像を収載。必携の1冊です。
●新しく疾患概念の確立された疾患も追加しました。

診療科: 眼科 眼科

目次

第1章 正常眼底と眼底疾患の診断に必要な検査
① 正常眼底
② 眼底疾患の診断に必要な検査

第2章 網膜出血,網膜浮腫,網膜白斑

第3章 網膜血管疾患
① 網膜動脈閉塞症・光輝小斑
② 急性黄斑神経網膜症(AMN),急性黄斑外層神経網膜症(AMOR),
paramacular acute middle maculopathy(PAMM)
③ 網膜静脈閉塞症
④ 網膜細動脈瘤
⑤ コーツ病
⑥ イールズ病

第4章 全身疾患関連眼底疾患
① 糖尿病
② 高血圧
③ 眼虚血症候群
④ 血液疾患
⑤ 全身性エリテマトーデス
⑥ 高安動脈炎
⑦ 巨細胞動脈炎(側頭動脈炎)
⑧ 細菌性心内膜炎
⑨ 抗リン脂質抗体症候群
⑩ 癌関連網膜症
⑪ アミロイドーシス
⑫ テルソン症候群

第5章 炎症性疾患
① 感染性ぶどう膜炎
② 非感染性ぶどう膜炎
③ 急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR)と類縁疾患

第6章 遺伝性網膜脈絡膜疾患
① 網膜色素変性と類縁疾患
② 黄斑ジストロフィ
③ 網膜硝子体ジストロフィ

第7章 黄斑疾患
① 加齢黄斑変性
② 中心性漿液性脈絡網膜症と重症型
③ 強度近視
④ 新生血管黄斑症
⑤ 特発性黄斑円孔
⑥ white dot fovea
⑦ macular microhole
⑧ 黄斑上膜
⑨ 硝子体黄斑牽引症候群
⑩ 網膜色素上皮裂孔
⑪ 黄斑部毛細血管拡張症
⑫ 黄斑低形成
⑬ 限局性脈絡膜陥凹

第8章 網膜剥離

第9章 網膜脈絡膜の腫瘍
① 網膜血管性腫瘍
② 網膜色素上皮の腫瘍
③ 脈絡膜腫瘍
④ その他の腫瘍
⑤ 母斑症

第10章 脈絡膜ひだ

第11章 外 傷

第12章 視神経疾患
① 視神経乳頭の先天異常
② 視神経炎,視神経症
③ うっ血乳頭
④ 緑内障
⑤ 視神経萎縮

第13章 薬剤による網膜視神経障害

索引

もっと見る

閉じる

序文

 日本医事新報社から本書の改訂のお話を頂いたのは2018年12月でした。前版を読み返してみると気になる点が多々あり,大幅な改訂をさせて頂くことにしました。
 主な改訂点は以下の通りです。
• すでに掲載されている疾患のうち,近年,診断基準や手引きが発表されたもの(ぶどう膜炎,網膜色素変性と類縁疾患,家族性滲出性硝子体網膜症,黄斑ジストロフィ,萎縮型加齢黄斑変性,緑内障については,それに沿った内容にした。
• 新しく疾患概念の確立された疾患(急性帯状潜在性網膜外層症,自己免疫網膜症,paramacular acute middle maculopathy,macular microhole,黄斑低形成,限局性脈絡膜陥凹,pachychoroid,dome-shaped macula,薬剤による網膜視神経疾患)を追加した。
• 全身疾患に関連する疾患(眼動脈閉塞,毛様網膜動脈閉塞など)を追加した。
• その他の疾患については内容を吟味し,古くなっている記載は削除し,新しい見解を追加した。
• 図譜であるので可能な限り鮮明なカラー写真を追加・変更した。近年,光干渉断層計に加え,光干渉断層計-血管造影(OCTA),眼底自発蛍光など,非侵襲で病像把握に有用な情報が得られる検査法が行われているので,できる限りカラー写真にそれらの写真を付けた。結果,約2,300点の画像を掲載した。
• 改訂点について必要最小限の文献を加えた。
 著者は前版に引き続き川村昭之先生に加え,加齢黄斑変性,ポリープ状脈絡膜血管症,pachychoroidについてはエキスパートである森隆三郎先生にもお願いしました。
 本書に用いた写真のほとんどは駿河台日本大学病院,日本大学病院アイセンターで撮りためたものです。鮮明な撮影をし,膨大な写真を整理,保管してくださっているフォトグラファーの後藤肇さん,小林巧さん,川崎康太さん,眼科医局員に感謝します。
 第7版まで改訂を続けることができたのは,1968年の初版以来,急速な診断技術の進歩と次々に確立された眼底疾患について,その時々に対応して版を重ねてくださいました日本大学眼科 故・加藤謙教授,故・松井瑞夫教授の熱意と,本書を読み継いでくださった先生方のおかげです。感謝申し上げますとともに本書が現代の眼科日常診療に役立つことを願っています。


2021年 2月  湯澤美都子


もっと見る

閉じる

関連書籍

関連記事・論文

関連物件情報

もっと見る

page top