株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

外保連「厳しい改定だった」─勤務医負担軽減策は評価

No.4689 (2014年03月08日発行) P.11

登録日: 2014-03-08

最終更新日: 2017-08-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外保連の山口俊晴会長は3月4日の会見で、2014年度診療報酬改定について、新規要望190件と改正要望143件のうち、採用が前回改定の半数程度のそれぞれ41件、38件にとどまったことを受け、「厳しい改定となった」と振り返った。

山口会長は厳しい改定となった要因として、実質1.26%のマイナス改定だったことに加え、薬価改定財源が診療報酬本体に充当されなかったことを指摘。手術料の見直しでは引上げが19件、引下げが81件で、手術料は改定前の99.42%となった。

一方、病院勤務医の負担軽減策として「1000点以上の手術と処置」の休日・時間外・深夜加算が2倍増となった点を評価。予定手術前の当直免除の実施、交代勤務制か手当ての支給などが要件とされ、算定のハードルは高いが、山口会長は勤務医の環境改善に加え、「働いた分だけ報酬を支払う」ことの徹底を病院経営者に求めた。

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top