株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

【私の一冊】『職業としての学問』

No.4798 (2016年04月09日発行) P.73

中込 治 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座教授)

登録日: 2016-05-08

最終更新日: 2017-01-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 「社会学」の黎明期に業績を残した、ドイツの社会学者であり経済学者であるマックス・ウェーバー(1864~1920)が、1917年にミュンヘンで大学生に対して行った講演を著した書(1919年刊)(マックス・ウェーバー著、尾高邦雄訳、岩波文庫、1936年刊)

    自分自身の生き方の原則を見つけ、日々の要求に従え

    秋田から仙台に向かう新幹線の中で、雪に半ば埋もれている寒村を窓外にして、マックス・ウェーバーの『職業としての学問』のページをめくった。本書は、岩波文庫に収められている講演録である。青春の思い出の書であるとともに、折に触れて紐解く一冊である。

    職業として大学で学問をするとは、どういう経歴から始め教授になるのかという現実的なところから説き起こし、学問に対する心構え、学問の意味や特徴など、次から次へと話が展開してゆく。読むに従い、なんとなくわかったつもりになり、高揚した気分のまま最後の一文に到達する。私の仕事にはこんな大きな社会的な意義があるとか、何か1つ学問上の大きなことをしてやろう、という態度はたしなめられる。お前はこれをやるために生まれてきたのだ、という特定の専門領域を発見し、そこに自己を閉じ込め、ただひたすら事実関係を確定していくという日々の仕事に専心できなければ、学問に生きる資格はないと言い切る。

    残り280文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    page top