株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

関節リウマチ患者の非結核性抗酸菌感染と生物学的製剤の使用

No.4737 (2015年02月07日発行) P.55

宮崎泰成 (東京医科歯科大学保健管理センター教授)

登録日: 2015-02-07

最終更新日: 2016-10-18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Q】

TNF(tumor necrosis factor)阻害薬などの生物学的製剤の投与時,結核感染の検索は必須とされ,陳旧性結核が疑われる場合は,イソニアジド(イスコチンR)などの予防投与後に生物学的製剤の投与が行われています。一方,Mycobacterium avium complex(MAC)などの非結核性抗酸菌(nontuberculous mycobacteria:NTM)の感染患者に関して,日本リウマチ学会のガイドラインでは,「非結核性抗酸菌感染症に対しては確実に有効な抗菌薬が存在しないため,同感染患者には原則として投与すべきでないが,患者の全身状態,関節リウマチ(RA)の活動性・重症度,菌種,画像所見,治療反応性,治療継続性等を慎重かつ十分に検討したうえで,TNF阻害薬による利益が危険性を上回ると判断された場合にはTNF阻害薬の開始を考慮してもよい。その場合には一般社団法人日本呼吸器学会呼吸器専門医との併診が望ましい」とされています。そのため,NTMの患者さんに生物学的製剤は非常に使いづらく,RAの治療に難渋することがあります。
実際,NTMの患者さんで生物学的製剤投与が可能なのはどのような場合でしょうか。東京医科歯科大学・宮崎泰成先生のご教示をお願いします。
【質問者】
南木敏宏:帝京大学臨床研究医学講座特任准教授

【A】

「呼吸器症状はなく,胸部X線写真で軽度の変化があり,胸部CTを撮影しNTM症が疑われ,気管支鏡検査でMAC培養陽性が出た」。イメージでは,このような症例がまず治療対象の選択肢に入るのではないかと思います。現時点での治療選択の考え方は以下の通りです。
日本呼吸器学会から2014年2月に出版された「生物学的製剤と呼吸器疾患 診療の手引き」69ページに,この時点でのエビデンスを慎重に考察したRAに合併したNTM症の診断と治療の手引きがclinical questionに答える形で示されています。非常に参考になるので,以下に示します。

2-2.スクリーニング検査で発症が確認された場合は,生物学的製剤の投与は行わず,NTM症に対しては抗菌化学療法を行いその治療に努める(病状により経過観察の選択もありうる)。
2-3.発症の確認されたNTM症を持つRA患者において,RAの活動性の制御のためにどうしても生物学的製剤の投与が必要と判断される場合,以下の条件をすべて満たす場合に限り,投与も考慮されてよい。
・ 菌種:MAC*1 ,X線病型:結節・気管支拡張型*2 ,肺の既存疾患が軽度,全身状態が良好(貧血,低アルブミン血症がない,BMI 18.5 kg/m2 以 上)
・ 抗菌薬の服薬が安定的に継続できており,治療効果が良好
・ 薬剤感受性検査でクラリスロマイシン耐性がない

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top