株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

子どものアドボカシーを実践するために最低限必要な知識と最初の一歩は?

No.5220 (2024年05月11日発行) P.47

岡藤郁夫 (神戸市立医療センター中央市民病院小児科医長)

伊藤健太 (あいち小児保健医療総合センター総合診療科医長)

登録日: 2024-05-10

最終更新日: 2024-05-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • こども家庭庁ができ,「こどもまんなか」への発想転換が求められている昨今,小児科医として何ができるかを漠然と考えています。そこで,「子どものアドボカシー」という言葉が「こどもまんなか」のキーワードになるのではないかと思いつきました。子どものアドボカシーを実践するために,最低限必要な知識と最初の一歩をどうふみ出すかについて,教えて下さい。
    小児科医としてアドボカシーを学ぶために米国に留学された,あいち小児保健医療総合センター・伊藤健太先生にご解説をお願いします。

    【質問者】岡藤郁夫 神戸市立医療センター中央市民病院小児科医長


    【回答】

    【子どものアドボカシー実践の第一歩は「子どもの声を拾い上げる」意識を持つことである】

    アドボカシーの語源はラテン語advocare(“ad”「~へ」+“vocare”「呼び出す」)で,「(証人・弁護士などとして)呼ぶ」という意味があります。転じて「代弁すること」「権利擁護」と訳されることが多いです。では,子どものアドボカシーとは何でしょうか。

    日本小児科学会は,小児科専門医の医師像の5つの視点の1つに「子どもの代弁者」を置いていますが,何をしてよいのかわかりません。そこで,米国小児科学会(American Academy of Pediatrics:AAP)のAdvocacy Guideに沿って,子どものアドボカシーの実践方法について説明します。

    AAPによると,アドボカシーは「変えなければならない問題があることを前提とし,その変化を促し,効果的にする方法」であり,「患者のために発信すること」です。そして,アドボカシーを「個別」「地域」「州・連邦」の3段階に階層化しています。

    残り716文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    関連物件情報

    もっと見る

    page top