株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の最新の治療「舌下神経電気刺激療法」について

No.5201 (2023年12月30日発行) P.47

欠畑誠治 (太田総合病院中耳内視鏡手術センター センター長)

千葉伸太郎 (太田総合病院記念研究所附属診療所 太田睡眠科学センター所長)

登録日: 2023-12-30

最終更新日: 2023-12-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 中等症以上の閉塞性睡眠時無呼吸(obstructive sleep apnea:OSA)への標準的な治療は,持続陽圧呼吸療法(continuous positive airway pressure:CPAP)ですが,継続率は50~70%程度と報告されています。CPAP療法を継続できなくて困っている患者に対して新たに適応になった「舌下神経電気刺激療法」についてご教示下さい。
    太田睡眠科学センター・千葉伸太郎先生にご解説をお願いします。

    【質問者】欠畑誠治 太田総合病院中耳内視鏡手術センター センター長


    【回答】

    【今後,わが国でも持続陽圧呼吸療法(CPAP)の代替治療として普及していくと考えられる】

    疫学調査によると,わが国において治療が必要とされるOSAの患者数は900万人と推定されています。中等症以上においてCPAPが治療の第一選択とされていますが,保存療法であるCPAPは継続性が治療の奏効に影響します。これまでの報告では治療の受容,継続性(50~70%)は高くないとされ,有効な代替治療が求められています。

    舌下神経電気刺激療法は,OSAの機能要因である咽頭開大筋群の反応性に着目した治療法です。Inspire Medical Systems社のInspire2(2018年にわが国の薬事承認を取得)は,肋間に埋め込まれたセンサーリード先端の圧センサーが吸気相を検知し,パルスジェネレーターから刺激リードを介して運動神経である舌下神経に電気刺激を送り,吸気時に気道を拡大し,閉塞を防止します。2014年には多施設前向き臨床試験(STAR trial)が行われ,登録された929人の参加者のうち,最終的に124人(年齢54.5歳,男女比83:17,白人97%,BMI 28.4)がフォローされ,12カ月の無呼吸低呼吸指数(AHI)の中央値は,29/時から9/時へと68%減少,その後,3年後,5年後のフォローアップによる有効性が報告されました。2019年にはSTAR trial, German cohort,US cohort,ADH ERE registryの計584名の成績がまとめられ,外科治療基準で77.1%の効果が報告されました。

    残り439文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科(泌尿器科)・消化器外科 各1名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。
    現在、指定管理者制度により医療法人社団 苑田会様へ病院の管理運営を行っていただいております。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    6階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
    2022年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
    又、地域から強い要望がありました透析業務を2020年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科)医の先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

    ●人口(島原半島二次医療圏の雲仙市、南島原市、島原市):126,764人(令和2年国勢調査)
    今後はさらに、少子高齢化に対応した訪問看護、訪問介護、訪問診療体制が求められています。又、地域の特色を生かした温泉療法(古くから湯治場として有名で、泉質は塩泉で温泉熱量は日本一)を取り入れてリハビリ療法を充実させた病院を構築していきたいと考えています。

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top