株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 【米国心臓病学会(ACC)】HFrEF転帰改善実証の強心薬、運動耐容能は改善せず:RCT“METEORIC-HF”

登録日: 2022-04-07

最終更新日: 2022-04-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

左室収縮力の低下した心不全(HFrEF)では、生命予後の改善もさることながら、運動耐容能の改善もQOL向上の観点から重要となる。そこでオメカムティブ・メカルビル―直接的な強心作用を有する薬剤として初めてHFrEF例の長期転帰を改善―に期待が寄せられたが、有用性の証明には至らなかった。4月2日からワシントンD.C.で開催された米国心臓病学会(ACC)学術集会において、デューク大学(米国)のG. Michael Felker氏が、ランダム化試験(RCT)“METEORIC-HF”の結果として報告した。

METEORIC-HF試験の対象は、忍容最大用量の心不全治療薬服用下で左室駆出率(EF)「<35%」のNYHA分類「Ⅱ-Ⅲ」度心不全、かつ運動耐容能低下を認めた276例である。発作性心房細動/粗動例などは除外されている。

平均年齢は64歳、EF平均は27%、NT-proBNP濃度は平均1320pg/mLだった。また心不全治療としては、96%がβ遮断薬、95%がRAS-iを服用(うち70%はARNi)、さらにSGLT2阻害薬も18%で服用されていた。

これら276例は、オメカムティブ・メカルビル(25→50mg×2/日)群(185例)とプラセボ群(91例)にランダム化され、二重盲検法で20週間追跡された。

その結果、1次評価項目である20週間後の「最高酸素摂取量」は、オメカムティブ・メカルビル群で試験開始時の「14.7」mL/kg/分から「0.2」の低下、プラセボ群では「14.9」から「0.2」の増加を認め、変動幅に群間差はなかった。2次評価項目の「1日身体活動量(アクティグラフ評価)」なども同様で、オメカムティブ・メカルビルによる改善は認められなかった。

なお、有害事象発現にも差はなく、「心不全増悪」、「死亡」、「脳卒中」の発生率は両群とも低く、同等だった。

この結果に対しパネリストからは、同薬によるHFrEF例「心不全増悪・心血管系死亡」抑制を認めたGALACTIC-HF試験に比べ、軽症例が多いとの指摘があった。重症例に限れば運動耐容能改善が期待できるのではないかとの指摘である。これに対しFelker氏は、本試験は登録患者が比較的少数であるため、サブグループ解析から得るものは少ないとの見解を示した(報告ではNYHA分類、EF、NT-proBNPの高低で分けた解析も示されたが、重症例で有効という傾向は見られず)。

本試験はCytokineticsとAmgen、Servier社から資金提供を受けて実施された。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科医(泌尿器科)・消化器外科・整形外科 各1名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
令和4年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
又、地域から強い要望がありました透析業務を令和2年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科医)先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

もっと見る

関連物件情報

page top