株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

自己免疫性疾患による進行性線維化を伴う間質性肺疾患に対して抗線維化薬は第一選択薬となりうるか?

No.5101 (2022年01月29日発行) P.50

谷野功典 (福島県立医科大学医学部呼吸器内科学講座 准教授)

桑名正隆 (日本医科大学大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科学分野教授)

登録日: 2022-02-01

最終更新日: 2022-01-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 全身性強皮症(systemic sclerosis:SSc)や関節リウマチ(rheumatoid arthritis:RA)などの自己免疫性疾患に伴う間質性肺疾患の中で,進行性線維化を伴う間質性肺疾患(interstitial lung disease:ILD)がPF-ILD(progressive fibrosing interstitial lung disease)として臨床的に問題となっており,最近,抗線維化薬であるニンテダニブの有効性が報告されていますが,現在のところステロイドや免疫抑制薬使用後の第二選択の位置づけかと思います。しかし,肺以外の全身症状が強くないのにもかかわらず肺の線維化進行が著明な症例も見受けられますが,このような症例に対する抗線維化薬の第一選択薬としての可能性についてご教示下さい。
    日本医科大学・桑名正隆先生にご解説をお願いします。

    【質問者】

    谷野功典 福島県立医科大学医学部呼吸器内科学講座 准教授


    【回答】

     【抗炎症・免疫抑制薬の先行投与が原則,進行リスクの高い場合は抗線維化薬との初期併用を考慮する】

    ILDの中で,進行性の肺の線維化により呼吸器症状が悪化し,呼吸機能と健康関連生活の質の低下を伴い死亡に至るフェノタイプを,進行性線維化を伴うILD(PF-ILD)と呼んでいます。特発性肺線維症をプロトタイプとしますが,特発性間質性肺炎,職業環境性(過敏性肺炎,じん肺),膠原病を含めた自己免疫性など多彩な疾患の中にPF-ILDがみられます。PF-ILDの共通病態として,肺のダメージが契機となる,原疾患や誘因とは無関係の自己継続性の線維化プロセスが想定され,それを標的としたニンテダニブなど抗線維化薬が基礎疾患,病理・形態パターンにかかわらず進行を抑制する効果が無作為化比較試験で示されています。

    PF-ILDの基準として呼吸散能,画像,自覚症状の組み合わせによる疾患進行の評価が用いられていますが,前提として「医師により適切と考えられた疾患管理を行ったにもかかわらず」と規定されています1)。そのため,膠原病に伴うILDでは,基礎疾患の中心的病態である免疫,炎症の制御を行った上でのPF-ILDの評価が前提となります。実際に,膠原病に伴うILDの病理組織では,特発性と異なりリンパ濾胞形成や細気管支炎などが高頻度にみられます。

    残り879文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科(泌尿器科)・消化器外科 各1名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。
    現在、指定管理者制度により医療法人社団 苑田会様へ病院の管理運営を行っていただいております。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    6階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
    2022年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
    又、地域から強い要望がありました透析業務を2020年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科)医の先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

    ●人口(島原半島二次医療圏の雲仙市、南島原市、島原市):126,764人(令和2年国勢調査)
    今後はさらに、少子高齢化に対応した訪問看護、訪問介護、訪問診療体制が求められています。又、地域の特色を生かした温泉療法(古くから湯治場として有名で、泉質は塩泉で温泉熱量は日本一)を取り入れてリハビリ療法を充実させた病院を構築していきたいと考えています。

    もっと見る

    関連物件情報

    page top